Top Button

ワーキングホリデー

概要

デンマークでのワーキングホリデー渡航をお考えの方下記の手続きが必要です:

ワーキングホリデービザはデンマーク王国とのワーキングホリデー協定締結国の国民のみが対象となります。

このページではVFSでの申請方法についてご案内致します。デンマーク王国へのビザ申請基準の詳細については、デンマーク入国管理局のウェブサイトを参照またはデンマーク入国管理局へお問合せください。

料金

申請書類を提出する前にビザ申請料をオンライン上でクレジットカードで支払う必要があります。

日本国籍の方はビザ申請料の支払いが免除されますが、東京のデンマーク王国大使館へVFSを通じてワーキングホリデー申請をされるアルゼンチン、オーストラリア、カナダ、チリ、ニュージーランド、韓国国籍の方は申請料の支払いが必要です。

ビザ申請料のほかに、1申請毎に手数料27ユーロを全ての申請者にお支払い頂く必要がございます。

料金のお支払いは現金のみです。お支払い後の返金は出来ません。

申請料は、その時のレートに応じてユーロと同等額の日本円でお支払い頂きます

全ての料金は返金不可です。

重要;   センターへ申請にお越しの際は必ず領収書をお持ちください。

必要書類

詳細につきましては、デンマーク移民局のウェブサイトまたはデンマーク移民局へお問合せ下さい。

申請用紙を閲覧し、必要書類をご確認下さい。申請用紙には申請時に提出が必要な書類の説明が含まれています。申請用紙の必要書類についての情報をよくお読みください。VFSや大使館が審査を行うわけではない点にご注意ください。デンマーク労働市場・リクルート庁によりビザ審査が行われます。したがって、VFSと大使館では提出すべき書類についていかなる助言も致しかねます。ご不明点につきましては、デンマーク労働市場・リクルート庁へお問い合わせください。

VFSも大使館も、申請時に正しい書類を提出しているかどうかを確認することは出来ません。申請処理中に正しい書類が提出されていないとデンマーク労働市場・リクルート庁により判断された場合、デンマーク労働市場・リクルート庁から申請者へ連絡があります。

注意:オンライン申請フォームを使用し、必要書類全てをオンラインでアップロードした場合でも、VFSでのご予約日にはパスポート身分事項ページのコピーを提出する必要があります。

写真規定

全般

  • 各ビザ申請者の写真は、被り物をせず、顔全体が写っているカラー写真でなければなりません。
  • 過去6か月以内に撮影されたものでなければなりません。
  • 写真は必ず提出する必要があります。

写真のサイズ

各ビザを申請される方は、以下のサイズで撮影されたものをご提出下さい :

  • 写真のサイズは35mm×45mmで、顔がフレームの中央にくるように撮影したもの。
  • 顔(頭頂部から顎の先まで)の長さが30mm以上になるように撮影したもの。

写真の外観

  • 申請者が直接正面からカメラの方を向いて顔全体が写っていること
  • 顔が写真全体の約70~80%を占めていること
  • カラー写真で、背景色が白または淡い色のみ受付可能です。背景入りや模様入り背景の写真は受付出来ません。
  • 顔と髪を含めた顔は、頭冠部から顎の先まで写っていて髪の生え際の左右が見えるように撮影されており、耳が露出していることが望ましいです。
  • 顔を隠すようなサングラスやその他装飾品は医療上の理由がある場合(眼帯など)を除き、着用を認められません。

個人の判別が困難となるような伝統的なフェイスマスクやベールを身に着けて撮影された写真は受付出来ません。

ビザ申請センターで写真サービス(有料)をご利用頂けます。

申請期間

デンマーク労働市場・リクルート庁でのビザ審査期間につきましてはこちらをご確認下さい。VFSとデンマーク大使館では各申請における審査期間についてはご案内出来ません。

オンライン申請フォーム

オンライン申請フォームはデンマーク労働市場・リクルート庁のウェブサイトにございます。

フォームに入力し、必要なサポーティング書類を添付してください。

注意: オンライン申請フォームを使用し、必要書類全てをアップロードした場合でも、VFSでのご予約日にはパスポート身分事項ページのコピーを提出する必要があります。