Top Button

必要なビザを調べる

外国籍の方が日本に渡航する場合、査証(ビザ)免除 の対象の方を除き、原則として、査証(ビザ)を取得する必要があります。

ビザの原則的発給基準

原則として、ビザ申請者が以下の要件をすべて満たし、かつ、ビザ発給が適当と判断される場合にビザの発給が行われます。

  1. 申請者が有効な旅券を所持しており、本国への帰国又は在留国への再入国の権利・資格が確保されていること。
  2. 申請に係る提出書類が適正なものであること。
  3. 申請者が日本において行おうとする活動又は申請者の身分若しくは地位及び在留期間が、出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号。以下「入管法」という。)に定める在留資格及び在留期間に適合すること。
  4. 申請者が入管法第5条第1項各号のいずれにも該当しないこと。

日本ビザ申請センターでは、インドネシアに居住している方が申請できます。一時的滞在者(訪問者)は申請することができません。当館管轄地域以外にお住まいの方の査証(ビザ)手続きについては、それぞれ管轄の在外公館までお問い合わせください。

  1. 短期滞在ビザ

    観光、商用、親族・知人訪問等の目的で短期間(90日以内)日本に渡航する方が対象となります。

    (注)いずれの場合でも、日本国内において収入を伴う事業を運営する活動または報酬を得る活動に従事することは認められません。

  2. 特別な目的(留学/就学/研修/決められた期間内での滞在)ビザ

    留学、就学、研修、家族滞在、興行等の目的で一定の期間(90日以上)日本に渡航する方が対象となります。

  3. 通過ビザ

    通過ビザは、国際線の乗り継ぎのためにストップオーバー・乗り替えをする際、経由地(日本)には入国し国際線乗り継ぎエリアを通過する場合(15日以内)のビザです。

  4. インドネシア国民に対する指定旅行会社パッケージツアー用一次観光(指定旅行会社によるパッケージツアー)ビザ

    わが国は,インドネシアとの間の一層の交流発展を目的として,2014年11月20日以降,当館又は在インドネシア各大使館がそれぞれ指定する当地旅行会社(以下「指定旅行会社」)のパッケージツアーを利用して訪日するインドネシア国民を対象として,簡易な書類で一次ビザ(一回有効のビザ)発給申請を行うことができる制度の運用を開始します。これにより,従来ビザ申請者本人が用意する必要のあった書類の一部(渡航費用支弁能力を立証する書類等)の提出を省略することができることとなります。

  5. 数次短期滞在ビザ

次へ