btn_top

最新情報とお知らせ

  • News Icon

    2020年4月6日

    ニュージーランドビザ申請のお客様へ:

    COVID-19(新型コロナウイルス) の影響により、ニュージーランドビザ申請センター窓口ならびにコールセンターは、当面のあいだ休業いたします。郵送でのご申請につきましても同様に書類のお受付を停止いたします。ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

    ニュージーランド政府からのCOVID-19に関する最新情報は、ニュージーランド移民局のウェブサイトをご覧ください。https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/coronavirus-update-inz-response

  • News Icon

    2020年3月26日

    ニュージーランドビザ申請のお客様へ:

    COVID-19(新型コロナウイルス) の影響により、ニュージーランドビザ申請センターならびにコールセンターは、当面のあいだ営業日を月曜日/水曜日/金曜日のみとさせていただきます。ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。詳しくはニュージーランドビザ申請センターのウェブサイトをご覧ください。https://www.vfsglobal.com/newzealand/japan/japanese/index.html

    また、ニュージーランド政府からのCOVID-19に関する情報は、ニュージーランド移民局のウェブサイトをご覧ください。https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/coronavirus-update-inz-response

  • News Icon

    19 March 2020

    2020年3月19日COVID-19 更新情報 一時的な国境閉鎖

    ニュージーランド政府は入国制限をより強化し、2020年3月19日(木)23時59分より、ほとんどの旅行者に対し、入国禁止を発表しました。

    詳細はリンクよりご確認下さい。

    https://www.immigration.govt.nz/about-us/covid-19/coronavirus-update-inz-response

  • News Icon

    2020年3月15日

    COVID-19更新情報 – 旅行制限、 隔離要請

    2020年3月14日(土曜日)に、ニュージーランド政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、追加の入国制限措置を発表しました。ニュージーランドへ入国するほとんどの人々は旅行制限及び自主隔離が求められます。 詳細はリンクよりご確認下さい。: https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/coronavirus-update-inz-response

  • news_icon

    2020年2月28日

    一時的なニュージーランドへの入国制限の拡大

    ニュージーランド政府は、COVID19(コロナウイルス)の封じ込めのためにイランで乗り継ぎをされる方、及び中国本土からの全ての外国籍の旅行者に対してニュージーランドへの一時的な入国制限を発表致しました。

    https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/coronavirus-update-inz-response
  • news_icon

    2019年8月30日

    重要 ニュージーランドのビザ料金の改定に関するお知らせ (2019年9月1日より適用)

    ニュージーランド移民局によりビザ料金が変更された為、2019年9月1日より新しいビザ料金が適用されます。
    新しい料金や変更に関する詳細は、こちらをご確認下さい。
    (9月1日以降に上記リンクにて新しい料金の確認ができます。)
    なお、ビザ申請には正しい料金のお支払いが必要となります。
    9月1日以降にお受付するビザ申請に正しい料金が含まれていない場合は、ビザ申請のお受付はできませんのでご注意下さい。

  • news_icon

    2019年6月28日

    重要 ニュージーランドのビザ料金に関わる料金改定のお知らせ (2019年7月1日より適用)

    ニュージーランド移民局により、必須支払いであるInternational Visitor Levyの適用が2019年7月1日より開始されます。
    こちらの料金は各申請者に対して適用されます(申請毎ではなく申請者毎となります)。

    ビザのご申請には正しい料金のお支払いが必要となります。

    7月1日以降にお受付するビザ申請にInternational Visitor Levyを含む正しい料金のお支払いがされていない場合、ビザ申請のお受付はできませんのでご注意下さい。

  • news_icon

    2019年5月10日

    重要 郵送返却料金とSMS料金の改定に関するお知らせ (2019年5月13日より適用)

    2019年5月13日より以下の新しい郵送返却料金とSMS料金が適用されます。
    郵送返却料金:1980円  SMS料金:250円
    上記のサービスを利用される場合は、正しい料金が支払われている必要がありますのでご注意下さい。

  • news_icon

    2018年12月10日

    2018年11月から2019年3月の間のニュージーランドビザの審査期間は長くなる恐れがあります。

    夏季及び新学期の開始に合わせ、毎年11月から翌年3月まではビジターや学生のビザ申請がピークを迎える傾向にあります。
    その為、今現在ニュージーランド移民局(以下INZ)は多くのビザ申請を受け付けており、この繁忙期は2019年3月まで続く見込みとなっています。

    この期間の最新の審査期間(ビザ審査終了の目安)については、INZ website にてご確認頂けます。

    ご旅行の計画は審査期間を考慮した上でお考え頂き、希望されるご旅行日前までにビザ審査が余裕を持って終了されるよう、ビザ申請をお早目に行って下さい。

    ビザ審査を可能な限り早く終了する為に、翻訳を含む全ての関連する情報や書類を申請書とご一緒にご提出下さい。
    万が一、正しい情報が提出されなかった場合、ビザ審査が停滞する恐れがあります。

    なお、航空券等を事前に購入されてもINZはビザ申請を優先的に行うことは致しかねますので、ご旅行の計画を確定する前にビザ審査の終了をお待ち下さい。

    また、ご申請者の状況が変わった場合やINZが指定する平均的な審査期間を過ぎた場合以外につきましては、INZに問い合わせずに平均的なビザ審査期間が過ぎるのをお待ち下さい。

  • news_icon

    2018年10月30日

    変更 パスポート提出に関して

    パスポート原本とご一緒にパスポートコピー(顔写真ページと出入国スタンプやビザがあるページを各1枚)を必ずご提出下さい。

    こちらのコピーは白黒コピーでも構いませんが、印字に薄れが生じていないかを必ずご確認下さい。

  • news_icon

    2018年10月19日

    重要 ニュージーランドのビザ料金の改定に関するお知らせ (2018年11月5日より適用)

    ニュージーランド移民局によりビザ料金が変更された為、2018年11月5日(月曜日)より新しいビザ料金が適用されます。

    新しい料金や変更に関する詳細は、こちらをご確認下さい。

    なお、ビザ申請には正しい料金のお支払いが必要となります。

    11月5日以降にお受付するビザ申請に正しい料金が含まれていない場合は、ビザ申請のお受付はできませんのでご注意下さい。

  • news_icon

    2018年5月18日

    • パスポート返却の郵送種類の変更

      2018年5月31日(木曜日)までは従来通り日本郵便の「簡易書留」にてパスポートや書類の返却を行いますが、
      2018年6月1日(金曜日)より日本郵便の「レターパックプラス」を使用させて頂きます。
      簡易書留での返却の場合、追跡番号の即日発行を致しかねましたが、レターパックプラスにて返却の場合、追跡番号の即日発行が可能となります。
      追跡番号の提供方法は以下の通りです。
      窓口申請:カウンターにてお知らせ
      郵送申請:メールにてお知らせ
      なお、当センターにて全ての追跡番号を管理させて頂く必要がある為、当センターにて用意するレターパックのみ使用させて頂きます。
      つきましては、ご申請者様がご準備頂きましたレターパックプラスは使用せず、パスポート等と併せて返送させて頂きますので予めご了承下さい。
      但し、パスポート返却用郵送料金につきましては、800円より変更されませんのでご注意下さい。

  • news_icon

    2018年4月16日

    学生ビザ・乗り換えビザ申請書類提出に関する変更

    2018年4月16日(月曜日)より、学生及び乗換えのビザ審査のみニュージーランド移民局北京支局(INZ北京)にて執り行われます。つきましては、東京のニュージーランドビザ申請センターにてお受付する学生ビザ及び乗換えビザの申請書類は、INZ北京へ発送されます。なお、その他のビザ種類につきましては、従来通りニュージーランド移民局上海支局(INZ上海)に転送されビザ審査が行われます。

    INZ北京/Beijing INZ上海/ INZ Shanghai
    学生ビザ/Student visa 短期訪問ビザ/Visitor visa
    乗換えビザ/Transit visa 労働ビザ/Work visa
    永住ビザ/Permanent resident visa
    転記または渡航条件の確認/Transfer or confirmation of a visa
    ニュージーランド市民権の承認/New Zealand citizen endorsement
  • news_icon

    2017年9月1日

    2017年9月4日よりビザ申請料金が変更されます。

    ニュージーランド移民局は、現地通貨における外国為替の変動に合わせてビザ申請料金の調整を致しました為、ご申請時には正しい料金をお支払い頂く必要がございます。

    ビザ申請センターへご提出または送付されるご申請は、2017年9月4日より、必ず正しい金額にてビザ申請料金、併せてビザ申請センター取扱手数料をお支払ください。

    申請書類を提出される前に最寄のビザ申請センターへお問い合わせいただくか、ニュージーランド移民局ウェブサイトOffice and Fees Finderより正しい料金をご確認ください。

  • news_icon

    2017年8月28日

    ニュージーランド移民局は技能移民カテゴリーとエッセンシャルスキル規定の変更を2017年8月28日より導入します。この変更に関する詳細は、ニュージーランド移民局ウェブサイトにてご確認ください。

    • 技能移民カテゴリーについてはこちら
    • エッセンシャルスキルについてはこちら

  • news_icon

    2017年5月22日

    International Tour Escort

    2017年5月22日よりニュージーランドへの団体旅行に同行するツアーエスコートは労働ビザの申請が必要なくなりました。詳細はこちらをご覧ください。

  • news_icon

    2017年4月20日

    技能移民カテゴリーとエッセンシャルスキル規定の変更

    ニュージーランド移民大臣は今年中に導入が予定される技能移民カテゴリーとエッセンシャルスキル規定の変更を発表した。エッセンシャルスキル規定の変更案に関しては、4月~5月に関係者とさらなる協議が行われる。

    さらに、南島にてエッセンシャルスキルビザを長期保持されている方へ向けて、新たな定住ビザ申請を前提とする労働ビザ(Work to residence)規定を設けることを発表した。

    詳細はニュージーランド移民局ウェブサイトにてご確認ください。

  • news_icon

    2017年3月30日

    5年有効数次入国ビザ

    ニュージーランド移民局は2017年5月8日より観光もしくは商用目的にて渡航される中華人民共和国の方に5年間有効数次入国ビザを発給いたします。
    ビザ申請料金は短期訪問ビザ料金が適用されます。
    通常、短期訪問ビザでは一度の訪問につき1ヶ月の滞在が許可されます。しかしながら、18ヶ月の間に9ヶ月を超える滞在は許可されません。

    詳細はこちらをご覧ください。

  • news_icon

    2016年12月1日

    2016年11月21日よりビザ申請料金が変更されます。詳細はこちらをご覧ください。

  • news_icon

    2016年10月26日

    中華人民共和国パスポート保持者の補足申請用紙INZ1027について

    中華人民共和国のパスポートを保持されている方は申請書類の一環としてINZ1027をご記入の上、ご提出ください。国籍別チェックリストをご参照ください。…こちらご参照ください

  • news_icon

    2016年10月3日

    ニュージーランド移民局からのお知らせ:南アフリカ共和国のビザ要件の変更に関して

    ニュージーランド政府は、11月21日より全ての南アフリカ共和国国籍の方に短期訪問ビザ取得を義務付けることを決定しております。

    現在、南アフリカ共和国国籍の方は、ニュージーランドに観光目的など短期のご旅行の際にビザを申請する必要はございません。11月21日以降、全ての南アフリカ国籍の方は、ニュージーランドへご旅行の際は事前にビザを取得する必要がございます。

    詳細は、INZウェブサイトをご参照ください。

  • news_icon

    2016年10月3日

    ニュージーランド移民局からのお知らせ:モーリシャス共和国とセイシェル共和国のビザ要件の変更に関して

    11月21日よりモーリシャス共和国国籍の方、セイシェル共和国国籍の方は観光目的などの短期訪問の場合、ニュージーランドへのご旅行前にビザを取得する必要がなくなります。入国時に3ヶ月のビザが許可されます。

    詳細は、INZウェブサイトをご参照ください。

  • news_icon

    2016年8月2日

    シンガポール航空とのビザ申請協定に関して:

    ニュージーランド移民局は、8月15日より、シンガポール航空クリスフライヤー会員に対し、特別なビザ申請協定を導入します。詳細は、INZのウェブサイト をご参照下さい。

  • news_icon

    2016年7月29日

    ビザ申請料金の変更

    2016年8月1日よりニュージーランド移民局へ納めるビザ申請料金が変更されます。詳細は下記リンクよりご確認ください。

    https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/changes-to-fees-charged-in-local-currencies

     

  • news_icon

    2016年6月7日

    INZ定住ビザ申請書類提出に関する変更

    現在、ビザ申請センターにて受け付けている定住ビザ申請書類は、2016年7月1日よりニュージーランド、オークランドへのご提出が必要となります。

    この変更は以下の定住ビザ申請に適用されます。

    • Skilled Migrant Category
    • Family Uncapped Streams – Dependent Child and Partner residence applications
    • Family Capped Streams – Parent Category Expression of Interest and residence applications, and
    • all other residence application types, but not Entrepreneur, Investor Plus/Investor 1, Investor 2, and Parent Retirement Category, which will continue to be received and processed at our Business Migration Branch in Wellington.

    定住ビザ申請書類もしくは紙媒体によるExpression of interest は下記住所へ直接ご送付ください。

    By post
    Immigration New Zealand
    PO Box 76895
    Manukau City 2241
    Auckland
    NEW ZEALAND

    Physical address for couriers
    Immigration New Zealand
    Level 3, 20 Amersham Way
    Manukau 2104
    Auckland
    NEW ZEALAND

    申請書類を発送される前に、ご自身の申請書類のコピーを作成されること、また信頼のおける国際輸送機関のご利用をお勧めいたします。

    申請が承認されましたらビザラベル発給のため、最寄のビザ申請センターへパスポートのご提出がください。その際、VACパスポート取扱手数料のお支払いが必要です。

    詳細はINZウェブサイトhttps://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/changes-residence-applications-processed-china もしくはこちらのよくある質問をご参照ください。

     

     

  • news_icon

    2016年5月1日

    ニュージーランドビザ申請センターお問い合わせ電話番号の変更

    2016年5月10日よりニュージーランドビザ申請センターお問い合わせ電話番号が変更になります。

    変更後のお問い合わせ電話番号は050-5578-7759となります.

     

  • news_icon

    2015年11月27日

    ニュージーランド移民局に関する料金の変更

    2015年12月7日よりビザ申請料金が変更されます。さらに、ご申請時及びお支払い時に入国管理税のお支払いが必要となる場合がございます。

    ニュージーランド移民局は、現地通貨における外国為替の変動に合わせてビザ申請料金の調整を致しました為、ご申請時には正しい料金をお支払い頂く必要がございます。
    ビザ申請センターへご提出またはご送付頂いたご申請は、2015年12月7日より、ニュージーランド移民局へ支払う金額、併せてビザ申請センター取扱手数料を必ず支払わなければなりません。

    申請書類を提出される前に最寄のビザ申請センターへお問い合わせいただくか、ニュージーランド移民局ウェブサイトより正しい料金をご確認ください。

    Office and Fees Finder は2015年12月7日に更新されます。

    料金の変更に関する詳しい情報につきましてはこちらをご参照ください。

  • news_icon

    2015年9月29日

    振込指定銀行口座の変更

    2015年10月1日よりニュージーランドビザ申請における振込指定銀行口座が変更となります。すでに現行の振込指定銀行口座へお振込みいただいている料金に関しましては、そのままご利用いただけますが、早めのご申請お手続きをお願い申し上げます。

    新しい振込指定銀行口座は以下の通りです。

    銀行名: 三井住友銀行

    支店名: 日比谷支店

    口座番号: 普通口座 8863650

    口座名義人: ド)ブイエフエスサービシズ ジヤパン

    お振込みに関する詳細につきましては、申請方法ページ 郵送による申請 Step3をご参照ください。

  • news_icon

    2015年5月26日

    申請取扱い手数料の変更

    201561 月曜日より申請取扱い手数料が変更となります。これは、Immigration New Zealand (INZ) とVFS Global間の契約に基く為替レートの変動による変更となります。

    新しい申請取扱い手数料は5,400となります。

    なぜビザ申請センターの申請取扱い手数料は変更されるのですか?

    ビザ申請センターの申請取扱い手数料は、現地通貨(ニュージーランドドル)にて設定されています。そのため、特定の頻度で為替の見直しを行っております。この料金における変更はニュージーランド移民局との契約に基く規約に則り、外国為替相場の変動をうけ改定いたしております。

    詳細に関しましては下記リンクをご確認ください。

    http://www.immigration.govt.nz/migrant/general/generalinformation/news/

  • news_icon

    2015年1月10日

    2015年1月8日 ニュージーランド移民局(INZ)の新しい健康診断システムに関して

    2015年1月30日から、eMedicalと呼ばれる新しい健康診断システムが適用されます。

    現在の紙媒体の健康診断よりeMedicalへ移行します。eMedicalは移民局の指定医師によって使用されます。指定医師による健康診断の結果は、安全なオンラインチャネルを通しINZへ提出されるようになります。現行の紙媒体の健康診断のように、申請者へ健康診断書類が返却されることはございません。

    eMedicalの更なる情報及び、この変更の詳細に関してましては、下記リンクをご参照ください

    最寄のINZ指定医師を検索する際は、下記リンクにてご確認ください

  • news_icon

    申請用紙の署名について

    申請用紙は申請者が18歳未満でない限り、申請者本人の署名が必要です。申請者が18歳未満の場合は、必ず保護者が署名してください。

  • news_icon

    2013年11月15日

    Eメールでのビザ受け取りについて

    一時滞在ビザの申請が承認された日本国籍・韓国籍の方には、ラベルレスビザがEメールにてビザ承認の通知として送付されます。
    パソコンのプライバシー設定によっては、このEメールが「迷惑メール」(「スパム」や「ジャンク・メール」)とみなされる場合があります。Eメールにてビザの通知を受け取られる方、或いは通常のビザ審査期間を過ぎてもこの通知を受信されなかった方はEメールの「迷惑メール」フォルダを確認してください。

  • news_icon

    2013年11月4日

    日本のパスポート保持者へのEビザ発行開始

    Immigration New Zealand (INZ) 上海は、Eビザの発給を開始します。Eビザは2013年11月11日以降 (当日も含む) に、日本のパスポートをお持ちで、日本国内にて一時滞在ビザ (学生ビザ、労働ビザ、短期滞在ビザ) を申請され、申請が承認された方が対象となります。 

    Eビザ発給開始により、ビザ申請が承認された場合も、ビザラベルがパスポートに貼られることはございません。ビザラベルを発給する代わりに、INZ上海がビザの詳細が記載されたレターをEメールにて送ります。ビザ申請が承認された際は、送られてくるレターを必ず印刷し、パスポートと一緒に渡航にお持ちください。

    ニュージーランドのEビザシステム導入により、Immigrationステイタスや滞在資格を確認するためのビザラベルをパスポートに貼ることが不要となります。空港でチェックインされる際、空港職員がパスポートと一緒にEビザレターを確認し、搭乗条件を満たしているかを確認いたします。 

    ニュージーランドに渡航される際には、必ず発給されたEビザレターをお持ちください。お持ちにならない場合、航空会社が登場を拒否する場合もございます。

    2013年11月11日以降に申請される日本国籍者は下記書類の提出が必須となります:
    パスポート原本
    パスポートのバイオページ(顔写真ページ)のコピー2枚
    パスポート内のビザや出入国スタンプのある全てのページのコピー各1枚

    重要: パスポート以外の添付書類は、INZから要請がかかった場合以外は、全てコピーで提出し、原本書類は提出しないでください。

  • news_icon

    2013年7月1日

    ワーキングホリデー申請時の健康診断書送付先が変わりました。

    オンラインによるワーキングホリデー申請を完了されますと、自動送信メッセージが届きます。送られてきた自動メッセージにて指定された送付先へ、健康診断書をお送りください。

    ビザ申請センターや指定送付先リストに記載されていない移民局支局ではワーキングホリデーに関する書類は受け付けておりませんのでご注意ください。

    自動送信メッセージを受け取られていない、もしくはワーキングホリデーに関するご質問はworkingholiday@dol.govt.nz へお問い合わせください。

  • news_icon

    2013年5月28日

    新しいOnline Visa Options Checkがご利用頂けます。

    新しく改善されたVisa Options CheckがImmigration New Zealandのウェブサイトよりご利用頂けます。これは申請に該当となり得るビザの種類を分類することにより、より具体的なご案内を提供することを可能としました。

    こちらよりOnline Visa Options Checkをご覧ください。このリンクはImmigration New Zealandのウェブサイトからもアクセスすることが可能です。