btn_top
k

ビザの種類を調べる

注意事項:

北京にあるノルウェー王国大使館でシェンゲンビザを申請するためには、メインの目的地(最も長く滞在する場所)がノルウェー国内である必要があります。いくつかのシェンゲン協定加盟国を訪れる場合でメインの目的地を決めていない場合は、最初に訪れるシェンゲン協定加盟国の大使館でビザ申請を行ってください。

北京のノルウェー王国大使館は主に以下の申請を扱っております:

  • 日本国民
  • 日本での滞在許可のある外国籍の方

ノルウェーへの長期滞在の場合(90日以上)、定住許可(長期滞在)の申請が必要です。

長期滞在の申請(就学、家族移住、就労での定住許可)はノルウェービザ申請センターの営業時間内で提出が可能です。

就学、家族移住、労働就労のための定住許可に関しての詳しい情報は、中国のノルウェー公式ウェブサイト(こちらをクリック)、またはノルウェー入国管理局のウェブサイト (UDI) をご覧ください。

ご提出いただくパスポートは、ノルウェーの滞在予定日から少なくとも3ヶ月は有効で、かつビザや滞在許可のステッカーを貼るために、最低でも2ページのブランクページが必要です。条件を満たしていない場合は、新しいパスポートのご用意を事前にお願い致します。

注意事項:

  • 10年以上有効なパスポートや延長したパスポートはお受付できません。
  • ご提出の際は必ず申請者ご本人が当センターへお越し下さい。未成年の方は必ずご両親のどちらか、または法廷後見人の方とご一緒にお越し下さい。
  • ご提出いただく全ての書類は、A4サイズにてご用意下さい。
  • ノルウェーへのご渡航の目的をベースに、ビザの種類をお選び下さい。ビザの種類の選択は必ずご自身で行ってください。当センターではビザの種類の判断は致しませんので、ビザの種類は必ずご自身でお決め下さい。
  • ビザ審査期間中に、ノルウェー王国大使館より面接を要求される可能性がございます。

ノルウェー王国大使館より当センターへパスポートが返却されますので、ご申請者の方には、パスポートと書類のお受け取り方法をお選びいただきます。

(例)パスポートを郵送で受領されるか窓口にて受領されるか

提出書類の翻訳に関して

全ての書類を英語かノルウェー語でご用意していただくか、翻訳したものを一緒にお持ちください。英語でご用意いただいているものは翻訳する必要がございません。会社、学校、銀行、役所の方々に、翻訳のご用意が可能か伺ってください。

日本語でしかご用意ができない場合、正式な翻訳を第三機関に依頼してください。申請者ご本人の翻訳は認められません。翻訳は原本でサインとスタンプが押されているもので、誰が翻訳をしたかが明記されているものに限ります。(翻訳のコピーもご用意ください)

注意事項:英語、ノルウェー語でご用意のない書類は翻訳する必要がございます。翻訳会社のリストはこちら をクリックしてください。

次へ